非嫡出子の相続

結婚していない男女間に生まれた婚外子(非嫡出子)の相続分を法律婚の子(嫡出子)の半分とする民法の規定を巡る裁判で、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允 長官)は4日、規定は法の下の平等を定めた憲法に違反し無効だとする決定をした。裁判官14人全員一致の判断で、規定を合憲とした1995年の判例を見直 した。

非嫡出子の相続を嫡出子の半分とすることの合理性が認められないと説明があったが、果たしてこれでいいのだろうか? 当該判決がでて民法も改正するようだが、これには絶対反対したい。

まだまだ我々の社会では家族や結婚が基盤となっており、それでなくても少子化なのに・・・

父親がもし婚外子にも平等に分けてやろうと考えれば、遺言で目的を果たすことができるので、

なんでもかんでも平等というのは違う気がします。

しかし裁判官14人の全員一致って・・・

世論の反応を聞いてみたい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です